プロフィール

ひうち

↑2016/8/31撮影
徳島市交通局 東部循環(右回り)
徳島230あ・・67

Author:ひうち
FC2ブログへようこそ!

徳島の(乗り物の)ことを広く深く。
明るく・詳しく・読みやすく、を目標に
書き綴っていきます!
やっぱり徳島が好きだから―。

PENTAX K20D 本務機
PENTAX *ist-DL2 補機
SIGMA APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM
DA18-55mm F3.5-5.6AL
DA50-200mm F4-5.6ED
ICOM IC-R5/IC-R6
SUBARU LEGACY(BH5D)

since:2005/10/18

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
全記事数表示
全タイトルを表示
ブログ検索
RSSフィード




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
それだけでも価値がある・・07年11月2代目高知駅舎見納め遠征
07年11月23日、08年3月のダイヤ改正を待たずして08年2月26日に
高知駅が新しい高架駅に切り替わってしまうということで
あの味のある駅舎を記録しておこうと、駅舎を見に行くだけの小旅行に出掛けたのでありました(笑

高知駅舎ですが、過去に1度だけ見たことがありました。 あれは、03年8月のことです。
当時中学1年だった自分は、徳島市の中学校のウィンドオーケストラ部で、トランペットを吹いておりました。
頑張りが評価されたのか時の運なのか、吹奏楽コンクール徳島県大会でゴールド金賞を頂くことができ、
四国支部大会へさせていただきました。
会場となったのは高知県民文化ホール“オレンジホール”(1500人収容)で、
徳島市の中学を朝5時半頃にバスで出ました。
会場入りしてすぐに本番の予定だったので、バスは高知ICを降りたらホールへ直行しました。
到着直前にこれから四国各県の精鋭たちと肩を並べて勝負に挑む、
初めての四国大会にどぎまぎしながら降車準備をしていると、右手に高知駅が見えました。

高知駅初めて見た♪と思ったのもつかの間、数秒前の記憶をたどってみると・・

なんだ、あの駅舎の古さは―。

徳島駅の駅ビル化前や、国鉄時代の栄華を今に伝えてくれる雑誌とかでよく見るタイプの駅舎ではなかっただろうか。
いや、間違いない。 あれは・・まさしく日本国有鉄道!!

バスを降りるまで、あの背が低くて横に広い、そして屋根に掲げられている「高 知 駅」に心を奪われておりました。
1泊したため、夜に抜け出して行ってやろうと思いましたが結局はホテルを脱出できず。
(ちなみにコンクールは銀賞)

それ以来、また行ってみたいなぁと思っていたのですが、徳島県民は高知県に用事がないことで有名。
そして月日は流れ、高知駅が高架になることを耳にしました。
じゃあ駅舎なくなるから早く行かねば・・。


次のダイヤ改正の直前に高架駅に切り替わると言うことで、思い切って高知へ行くことを決めました。

期日は11月23日(祝・金)~25日(日)の3連休。
このうち1日を、四国再発見きっぷを買えば行けます。
高校2年にもなって、列車で旅するのは今回が初めてとなりました。
時刻表をいろいろ調べるのが楽しくて楽しくて。

再発見きっぷは、佐古駅で常備券を入手しました。

このきっぷも、もう思い出の品となったんですよね。09年3月でまさかの発売終了・・。
もっと早く出会えていればと、今になって思います。

それでは、行ってみましょう。
07年11月23日の、徳島駅発着高知遠征、スタートです。

IMGP3614.jpg
まずは徳島614発の433Dに乗って阿波池田へ向かいます。
かなり寒くバルブも一苦労でしたが、1500のバルブはなぜか気に入っていたので1枚。
たぶんこのとき初めて1500に乗ったんじゃないでしょうか。
派手な吸気音や軽い加速に感動したのを覚えています。




IMGP3620.jpg
列車は定刻の808に阿波池田着。
朝陽が綺麗です。

IMGP3628.jpg
次に乗るのが阿波池田829発高知行き4235D。
天気いいです。 やはり旅はこうじゃないと。

IMGP3637.jpg
阿波池田810着の「剣山」1号。サイドギラリ。

IMGP3639.jpg
高知・三縄方。
11月も終わろうとしているのに紅葉が盛りをちょっと過ぎた辺りのようです。
これから大歩危でこの車窓を楽しめるとなると、楽しみも倍増です。

IMGP3643.jpg
いよいよ32に乗り込みます。

IMGP3632.jpg
高知の車に乗るのはこれが2回目。 ・・の、はずw
07年以前に1度乗ったような・・。

IMGP3645.jpg
スタフ。高知までは遠い道のりです。
途中、布師田で下車予定。

IMGP3649.jpg
小歩危。
車窓がとにかく綺麗。
なお座席は全て埋まっており、ほとんどが観光客でしたが、鉄ちゃんも数人、乗っております。
これぞ秋の土讃本線、でしょうか。
観光客は大歩危で降りましたがねw

IMGP3651.jpg
小歩危→大歩危の名所・吉野川第2橋梁。

すばらしい。 このよさは乗らないと分かりませんな。
右にある国道のトンネル脇から撮影する構図は四国を代表する1枚ですが、
車窓のよさはそれをはるかに凌駕してます。
これが徳島県というから驚きです。 さすがだぜ、徳島。

サンニーで行く!土讃本線単コロおもしろツアーはまだまだ始まったばかり。
IMGP3653.jpg
続いては土佐北川。
実は2ヶ月前に訪れていました。それでも、列車でとなると感動が違います。
トンネルを抜けたら鉄橋、と思いきや駅ですから(笑

2ヶ月前の様子は→土讃本線でプチ撮影!?
IMGP3662.jpg
続いては新改。
坪尻ほどではないですが・・w

IMGP3666.jpg
これはこれで味のある駅舎。

IMGP3667.jpg
ここは車でも来られます。でもどこで方転するの?

新改の10分停は駅周辺探索やサンニー観察であっという間に終了。
山を下りると一気に町中に出てきて、土佐山田に着きます。
土佐山田では、若者を中心にかなりの乗客が乗り込んできました。
一気に乗車率100%越え。
これから高知駅まで遊びに行くんでしょう。
この辺、徳島と変わりませんね。 土佐山田は徳島で言うところの阿南でしょうか。

列車は1045に、布師田に到着しました。
すぐに高知へ行ってもすることないので、ここで高知運転所を外周から見学です。
IMGP3706_20090529233421.jpg
高知と言えば彼ら。

IMGP3739.jpg

IMGP3766.jpg
1000型ばっかりw

IMGP3774.jpg
これもまた、高知名物。

IMGP3792.jpg
ある意味編成美?

一通り撮影を終えたら、布師田1144発の列車でいよいよ高知へ。
土佐山田発やなはり線のおかげで30分に1本はあるようです。
こういうところも牟岐線阿南以北みたいw

IMGP3810.jpg
はい、ということで、高知1152着。寄り道しましたが、徳島を出てから12時間2分が経っております。
この達成感は、この趣味の面白いところの1つでもあります。

手前の高知駅前電停も高知駅らしいですが、
これは01年にJR高知駅への乗り換えを更に容易にするために移転してきました。

IMGP3820.jpg
追い求めてきたものが、ここにはありました。
上に掲示されている「高 知 駅」に時計、ずらりと並んだ広告。
また来られてよかった・・。
眺めているだけで満足です。(駅舎なので眺める以外になにをしようもないのですがw)
前夜からなにも食べていませんがいろんな意味でお腹いっぱい。


IMGP3836.jpg
一通り眺めたところで、ふらっと歩いてみることに。
素人の自分が見ても名鉄からのお下がりだと分かる車両がやって来ました。

国道32号を南へ進み、右へ曲がって追手筋に入り高知城を目指しました。
途中、吹奏楽の名門である土佐女子中・高の前を通りかかったので練習でもしていないかなぁと
耳を傾けてみると、マーチングの練習をしているではありませんか。
5日前に行われた全日本マーチングコンテストに出場していたので凱旋公演でもやっていたのでしょうか。

ドラムラインの軽やかなアタックを楽しみつつ、こちらもフォワードマーチ。
高知城へはもう目と鼻の先。
IMGP3870.jpg
天守閣と追手門。
歴史は全然できませんが各地へ赴いたとき、近くに城址があれば見学に行くようになってしまいました。
なんかこう、ぐっと来るものがありません?笑

IMGP3872.jpg
来た道を戻るのは嫌なので帰りは大通りから。
土電って古いタイプと外国の妙な電車の2つに1つかと思っていたのですが
こんな新しいやつもいるんですね。

IMGP3877_20090530002443.jpg
高知城前電停にて。
土電と言えばこれです。

IMGP3885_20090530002809.jpg
ふと左手を向いて撮った商店街。
自然にメイトが目に入ってしまったので、引き寄せられるように行ってしまいました(^^;

IMGP3899.jpg
高知駅に戻ってきた後、土電とかいろいろ撮って駅舎内へ。

IMGP3900.jpg
多くの方々が降り立った、そして旅だったこのコンコースもそろそろ見納め。

1339発の250Dに乗り込みました。
編成は54+32+32。こんな3Bあったんですね。
でも土佐山田で最後尾の32を切り離し。 なるほど、土佐山田以西では面白い編成が見られると。

IMGP3913.jpg
眠い目をこすり、2時間20分掛けてやって来たのは小歩危駅。
これから、日本屈指の撮影地である、吉野川第2橋梁を目指します。

IMGP3915.jpg
紅葉が美しい。 最も見頃なのではなかったでしょうか。
観光客も多い多い。
あ、日が沈んでる・・w

国道32号は交通量が非常に多く危ないのですが、歩道が整備されているので
紅葉を眺めながら鉄橋を目指して歩いていきます。
でも歩けども歩けどもたどり着かない。 鉄橋なんてまだ見えてこない。

歩くこと30分、ようやくたどり着きました。フル装備で歩くのはキツい・・。
撮影予定の「南風」の大歩危発車時刻はもうすぐ。
急いでセッティングして・・
IMGP3921-1.jpg
あー、来てしまいました。
45D「南風」15号
露出は無いものの秋の雰囲気はでたかな、と。
紅葉は綺麗ですが時は11月23日の16時30分。 日が沈んでいるのもうなずけます。

小歩危駅へ戻り、列車を待ちます。
小歩危駅からこんなに遠いんだったら、間違って大歩危なんかで降りてしまったら歩けたものではありません。
IMGP3936.jpg
4267D。
ゴーヨンはバルブに限る。

IMGP3942_20090610082146.jpg
小歩危1744発の258D、こいつに乗って阿波池田まで20分ほどの小旅行。
懐かしい車内です。

旅も大詰め、1日乗っている土讃本線はこれで最後です。
久しぶりの高知は、駅舎もお城も楽しめて、紅葉も、そしてなにより列車も楽しめました。
土讃本線最後を飾るのは、キハ28 2152となりました。

DMHサウンドに包まれるのが心地よく、50系から転用されたシートも良い感じです。
IMGP3944_20090610201428.jpg
そして1806、258Dは阿波池田に到着しました。
威風堂々 山と戦う 燃えたぎる誇りを抱いて 大地揺るがすDMH―。

IMGP3949.jpg
翌朝の伊野運用まで池田で寝るゴハチ、大好きでした。

IMGP3950.jpg
後輩達はまだまだ運用が控えています。

IMGP3969.jpg
そして1939発の徳島行4480D(後ろは回送)に乗り込み、徳島への帰途に着いたのでありました。


いろんなところに行けて、サンニーやゴハチにも乗れて、朝以降は寒さを感じない大満足の1日でした。
そして翌日、今度は岡山まで行ったのでありました。
そのレポは、また次の機会に・・。
関連記事
スポンサーサイト
鉄道写真~県外の列車 | 【2009-06-10(Wed) 20:41:31】 | Trackback(-) | Comments:(2)
コメント
再来年の春の改正でおしましですか・・。
それまでに播但線と山陰本線で撮ってやらねばなりません。
でも181となると乗っても惜しくないですね。

683系4000番台の運転開始で、485系「雷鳥」の運用に支障は無く安心していた矢先、
金沢の489系ボンネットが1編成、DE10牽引により工場へ取り込まれたようです。
まさか余波がこんなところに表れたのでしょうか・・。
2009-06-13 土 00:01:20 | URL | ひうち@管理人 #udXk0pIE [ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2009-06-10 水 22:58:52 | | # [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

あと何日? 出動予定のイベント
派遣隊

写真中隊 ver2.02
報告自慢連絡情報交換、いろいろ楽しくいきましょう( ´∀`)/~~

通信指令室

(09/11/16開設)
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

“徳島鉄道情報”配信フォーム
徳島の鉄道情報のメルマガです。
あんなおもしろ編成からあんなネタまで(!?)、興味深い情報が高頻度で配信されております。
パソコンでも携帯電話でもご利用できます。

配信手続きはこちらからどうぞ。

皆さま多数のご登録、お待ちしております。
(08/3/1配信開始)
リンク
ブロとも一覧
ブログ管理MENU(新)
Powered By FC2
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。