プロフィール

ひうち

↑2016/8/31撮影
徳島市交通局 東部循環(右回り)
徳島230あ・・67

Author:ひうち
FC2ブログへようこそ!

徳島の(乗り物の)ことを広く深く。
明るく・詳しく・読みやすく、を目標に
書き綴っていきます!
やっぱり徳島が好きだから―。

PENTAX K20D 本務機
PENTAX *ist-DL2 補機
SIGMA APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM
DA18-55mm F3.5-5.6AL
DA50-200mm F4-5.6ED
ICOM IC-R5/IC-R6
SUBARU LEGACY(BH5D)

since:2005/10/18

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
全記事数表示
全タイトルを表示
ブログ検索
RSSフィード




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
祝賀飛行を見るならば!
こんばんわ。
いよいよ明日18日(土)より夏のイベントシーズン開幕し早速、阪基へ行ってきます。
翌19日は高知で「くらま」「あしがら」、そして20日は地元・小松島で「おおすみ」、
更に21日は小松島で「いなづま」と、盛り上がること間違いなし。

合宿からは昨日帰ってきたのですが、それはそれは楽しかったです(^^
どういう訳かヤマハが介入しているリゾート施設で、ライブハウスとそれなりのホールが備えられており
それぞれでミュージシャン学科の奴らによるライブが開催されました。
自分はホールのステージ担当。
合宿2日目の午後より本番が行われましたが、途中は15分押しくらいだったものの
なぜか終了は30分巻きという、転換などの素早い進行が如実に表れてくれてうれしかったです。

ライブ終了後はホールのみ撤収し、ライブハウスの方で全員を集めてライウ敢行。
PAとして動き回るのも楽しいですが、はしゃぐのもまた一興。
みんな本当に音楽が好きなんだなぁと・・。
夕食は2日間ともバイキング、友人ら10人くらいとの乾杯は忘れられない思い出となりそうです。

2日目の夕食時、お好み焼きがありました。
大阪の専門学校で大阪人が多いですから、みんなとにかく盛る(^^;
でも食べた後、口々に
味が変、なんか甘い、なんか違う、お好み焼きじゃない、これは外国の食べ物じゃない、
大阪人にはお好み焼きを出せばいいという考えが甘いなど、いろんな意見がw
なんせ専門学校なので毎日が文化祭みたいなノリですが、とにかく楽しすぎる3日間でした。
ちなみに文化祭は10月に1週間続けてあります。すげぇw


ここからようやく本題。
明後日19日より、小松島港まつりが開幕します。
赤石岸壁で海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」(呉の船)の一般公開や
海上保安庁の巡視船「よしの」と小松島港湾空港整備事務所の港湾業務艇「しまかぜ」による体験航海、
同事務所の清掃船「みずき」の体験航海があるのは既報の通り。

今回は、小松島機関区跡地のステーションパークにて開催される開幕式典について。

開幕式典は、明後日19日(日)の1730から。
なぜかいつも1730から始まりますが、そんなことはどうでもいいんです。

問題は実施される祝賀飛行。
第24航空隊(旧・小松島航空隊)のSH-60Jの3機(たぶん)によるパスが実施されます。

開幕式典が開始される1730に併せて、パスします。
夏の1730というと絶好の光線です。 夕陽が映える日の峰が綺麗。


祝賀飛行、パスだけですが見るスポットを変えるだけですごく得できます。

会場となるステーションパークからだと、公園に鎮座している世界一でかい金長狸と
海保や税関が入るみなと合同庁舎が邪魔で空が見渡せず
狸の上からロクマルが飛び出すようになるはず。

ぶっちゃけ式典なんてあれですので、祝賀飛行目当ての方は、
旧の南海フェリーターミナルがある新港へ行ってみてください。
新港からだと、小松島航空基地がこんな風に見えます。

離陸したロクマルがこっちへ向かってくるのは、見物ですよ。
しかも開幕式典の会場から新港は歩いて数分の近さ。従って、ロクマルはすごい低さで侵入してきます。
なかなかこんなのってないですもんね。

この祝賀飛行にも思い出があります。
あれは小松島でのHSS-2Bの晩年、2002年の港まつりのときの祝賀飛行でした。
祝賀飛行を見ようと、父に連れられて来たのが新港。
時間となり、こっちに向かってきている3機編隊が確認されました。

いつものデルタかと思いましたが、トレイルで進入。

合同庁舎に突っ込みそうな低空を、すごい速度で、
加えて左右に機体を大きく揺らしながらアプローチしてきました。
ロクマルかっこいい~と思ったのもつかの間、3機目はなんとHSS-2B!!
最後の1機となった61号機が老体に鞭を打って、地元の祭りに参加してくれているではありませんか!

高度の低さはロクマルに負けてはいませんが、速度や機動はかなりのっそり(笑
その迫力の機体によく見合った動きでした。貫禄十分。
先にロクマルが2機、ハイスピードパスを決めているだけに、より遅く感じられました。
どんどん引き離されていくゆっくりとした機動は、今でも忘れられません。
HSS-2Bと言えば、基地祭のときの飽きなかった爆音とでかいテールローターと、この祝賀飛行。
この機体と出会えたからこそ、小松島フリークになったのかも。

HSS-2Bも過去の栄光となってしまいましたが、ロクマルのカッコいいパスは見られます。
でも2006年は3機のデルタ編隊だったのでもしかしたらトレイルも、もう今では見られないのかもしれません。

デルタだとしても、こっちに向かってくるのを真正面から見られるスポットなんてのもなかなかないので
新港地区での見学をおすすめします。

19日は小松島航空基地の一般公開も行われるので是非♪
関連記事
スポンサーサイト


小松島港まつり! | 【2009-07-17(Fri) 23:51:27】 | Trackback(-) | Comments:(6)
コメント
>アフさん
お盆前まで・・ご苦労様です。
また秋頃、徳島でみんなで遊びましょう。
頑張ってください!

>竹さん
お疲れ様でした。
飛行甲板に入れなかったのは意外でした。規制する意味があるのでしょうか。
飛行甲板の後ろからの定番アングル
「おおすみ」型の上甲板の広さを体感したかっただけに残念です。
2009-07-24 金 08:57:06 | URL | ひうち@管理人 #aWSHzNIs [ 編集]

訂正
×車両甲板
○上甲板
2009-07-22 水 17:09:29 | URL | 竹 #- [ 編集]

19日午後に「おおすみ」、今日午前に「いなづま」に行ってきました。
岸壁や上甲板に規制線が張られていて、見学出来る範囲が狭かったのが残念でした(前回の「おおすみ」は車両甲板?全体が解放されていたと記憶しています)。
「いなづま」は前部CIWSにブルーシートが被せられていて、中では何やら作業中。雨の中御苦労様です。
初めての「さめ」級見学で、VLSなど興味深かったですが、晴れた日にもう一度来て頂きたい。

見学中、「おおすみ」「いなづま」の厨房から香るカレー臭?、あれは反則
2009-07-21 火 18:47:10 | URL | 竹 #- [ 編集]

お久しぶりです。港祭り行きたかった!
けど期末試験が終わるのがお盆前というクソな仕様のせいで行けません。。
レポート楽しみにしています(^^
2009-07-20 月 01:27:07 | URL | アフ #- [ 編集]
突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/sea-sheriff/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/sea-sheriff/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
E9cKwUUp
2009-07-19 日 09:14:32 | URL | sirube #mtsVTvCA [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-07-18 土 19:48:19 | | # [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

あと何日? 出動予定のイベント
派遣隊

写真中隊 ver2.02
報告自慢連絡情報交換、いろいろ楽しくいきましょう( ´∀`)/~~

通信指令室

(09/11/16開設)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

“徳島鉄道情報”配信フォーム
徳島の鉄道情報のメルマガです。
あんなおもしろ編成からあんなネタまで(!?)、興味深い情報が高頻度で配信されております。
パソコンでも携帯電話でもご利用できます。

配信手続きはこちらからどうぞ。

皆さま多数のご登録、お待ちしております。
(08/3/1配信開始)
リンク
ブロとも一覧
ブログ管理MENU(新)
Powered By FC2
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。