プロフィール

ひうち

↑2016/8/31撮影
徳島市交通局 東部循環(右回り)
徳島230あ・・67

Author:ひうち
FC2ブログへようこそ!

徳島の(乗り物の)ことを広く深く。
明るく・詳しく・読みやすく、を目標に
書き綴っていきます!
やっぱり徳島が好きだから―。

PENTAX K20D 本務機
PENTAX *ist-DL2 補機
SIGMA APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM
DA18-55mm F3.5-5.6AL
DA50-200mm F4-5.6ED
ICOM IC-R5/IC-R6
SUBARU LEGACY(BH5D)

since:2005/10/18

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
全記事数表示
全タイトルを表示
ブログ検索
RSSフィード




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
やっと攻められる・・8月最終週、3人寄ればなんとやら、走って話して撮って、大坂峠から甲浦まで120km
8月24日(月)~26日(水)、予てからの目標であった牟岐線を攻められることとなりました。
今までなら攻めるとなると再発見きっぷの出番でしたが、今回からはうちの車で。

佐古でくまたか6号さんを回収し、一路牟岐へ南下。
_IGP3458.jpg
辺川→牟岐の牟岐川で529Dを、リアル朝飯前の1発。
この朝の感じ、たまりません。 楽しい楽しい1日の始まり。




_IGP3469.jpg
でも次にやってきたのはこんなところ、赤石川のお立ち台です。 この遠景こそ小松島。
田野水防倉庫のたこ槌を積んで帰りました。点検?

_IGP3472.jpg
南小松島→赤石のいつものところで4545D。
好きです、この感じ。
_IGP3476.jpg
稲穂の中の我がヴィッツ。

この後、ステーションパークにて展示されてるC12とオハフ50で遊びつつお昼ご飯。
まさか小松島でみんなでわいわいお昼を食べることになるとはw

お昼の後は徳島市へ。
実は、あのクリッパーが閉店するということなので、自分のわがままで前夜に急遽、みんなで乗り込もうということに。
賛同してくださったお二方、本当にありがとうございました。
最後の最後まで思い出作りができました。

鉄道模型を中心に扱っていた2階は、前日23日(日)の閉店時(19時15分)に、先に店を閉めちゃいました。
坂出の写真展帰りに、金長狸さんと2人して最後の客となってきました。

だったら1階は、最後の客とはいかないまでも3人で行くしかないだろう!ということで行ってきました。
本当はもっと大所帯で行きたかったのですが、皆様忙しいようで・・。
クリッパーに関してはまた後日、まとめます。
模型とはなんぞや、を一から教えてくれた店ですのでね。。


四トクウォッチングのあと、UH-1Jが飛んでいたのでチェックのため徳島空港へ。
これも車だから成せる業。
(なお、このときまさか数日後に四トクから廃車が発生するとは、誰も考えていないのでありました)

エアバンを聴きながら向かっていたのですが到着直前の、加賀須野橋を渡っているときに徳島空港を離陸。
デパーチャーにハンドオフされてしまいました・・。
それでもTC-90はタッチ&ゴーを実施していたので、
なかなか目にすることのできない平日の基地にお二人を案内できてよかったです。

その後、知る人ぞ知る、クリニックに佇むA-4を案内。
自分も久しぶりに訪れましたが保育園と病院の間に木々に囲まれて佇むブルーエンジェルス塗装の
A-4スカイホーク、その雰囲気は相変わらずでした。

続いてやっと鉄再開。
鳴門線に来ました。 車でのアプローチと駐車場に困る困る。
いくらヴィッツと言えど狭いもんは狭い。 まぁ擦らずぶつけず、広いところに車を停められましたがね・・。
いい感じに撮れそうなところの近くだったので大助かりでした。

_IGP3480.jpg
鳴門→撫養で4967D。
この迫力、ヨンナナにはない魅力だと思いますがいかがでしょう。

7月に訪れた紀州鉄道を彷彿とさせる光景でした。四国風に言えば、多度津工場工場線でしょうか。

_IGP3483.jpg
金比羅前→撫養で964D。
列番からしてヨンナナが来るだろうと踏んだのですが、ヨンマルが。
でも結果的にはヨンマルの方が合っていたような。

撫養駅の近くに車を停めていたのでお立ち台まで歩いて歩いて。 暑かった。
でも3日間の行程でこれ以上にキツいのはありませんでした。
やはり一度はキツいのを体感しておかないとなりませんよね。

時間的にちょうどだったので、阿讃山脈を超える阿波大宮→讃岐相生の名所・大坂峠に転戦。
徳島県側にて、ヨンナナ4Bの362Dを待ちます。

_IGP3487.jpg
雲1つ無い理想のまぶしい斜光の中を、堂々の足取りでやって来た362D。
2週間前は曇られたんですよねw

_IGP3490.jpg
おおおおお  この迫力、たまりません。
ファインダーを突き進んでくる4Bは、06年11月にサントリーカーブで圧倒された「なはつき」を超えた!

やはり今も昔も名所・大坂峠。 いつ来ても感激です。

でもこの日の夜、リレーズを無くしてヘコむ。
たぶんここで無くした・・。


依然として露出は確保せり。鳴門線へ反転せよとの指令が下り、再び鳴門線へ。
最高の光線で、今度こそヨンナナを捕獲できそうでした。
しかし!時間がない!立道→阿波大谷の県道クロス南側の信号停にて2人を突放。
俺に構うな、先に行け―!

諦めず駐車できるスペースにヴィッツを停め、お立ち台に走る走る。
_IGP3494.jpg
973D、なんとか間に合いました。
しかも先頭は愛する0番台115、加えてこの夕陽。 夕陽とか大好きなのはもうここに書きまくっている事実です。
このバリ光線で115です。 う~ん、最高。
手前は県道の影です。

_IGP3492.jpg
おまけ
通過直前はいつもの雲でした。怖い怖い。

これにて日没。日没までが勝負なので、これにてRTB。
今回はkihaさん宅にてマルヨさせていただけるということなので、牟岐へとヴィッツを走らせました。
3人で夕闇の55号をわいのわいのと南下したのは、後々振り返るとき、すごく有意義な時間になったと思います。

ヴィッツにおやすみを言ってからkihaさん宅にお邪魔。
1日中遊び回っていたのに、深夜まで鉄話に花が咲きます。


翌朝。25日火曜日。
全く暑さを感じない、むしろ布団がなければ寒いくらいの朝。
久しく山の中で朝を迎えていませんでしたが、これほどまでに涼しいところだったのですね。
加えて、虫さんの歓迎を受けずによかったです。

今日から、阿佐鉄にて高千穂からやって来たTR-201(8月7日付でASA-301)の乗務員訓練が始まるとのことです。
これは行かずしてなるでしょうか。
今日も今日とて3人でレッツらゴー。

高千穂車の来徳の記事は→ようこそ徳島へ 津田~田井ノ浜~宍喰 一夏の思い出とはこのことか

_IGP3528.jpg
宍喰駅になんかすごいのが停まってます。

試運転は宍喰-甲浦の1駅区間のみの折り返し。
3日間で、全ての運転士さんが実際に運転して、TRの特性を掴みます。

_IGP3531.jpg
甲浦を出て宍喰へ向かいます。試9004D(後撃ち)
この色、今まで四国に無かった明るい色で好きです。

続いては牟岐線へ転戦し、40系を仕留めます。
夏の日差しと緑と四国色!相性抜群ですよ。
_IGP3539.jpg
山河内→辺川で4545D。
画に描いたような風景が展開されています。

近くに小川が流れており、撮影後は水遊び。 ひんやり最高でした。
川遊びも久々ですね。いつぞや佐那河内で遊んで以来です。 足が痛すぎてすぐ上陸しましたがw

_IGP3541.jpg
辺川→山河内、山河内のすぐ手前で後撃ち。
牟岐線にもまだまだいろんなところがあります。
C12とかが走っていたときからあまり変わっていないのではないでしょうか。
山河内駅自体はえらい様変わりしてますけどねw
あの遺構の広さは、往時がとても気になります。
列車の中から見るよりはるかにいろんなものが隠されている、山河内駅の遺構群でした。

_IGP3542.jpg
またまた山河内→辺川。551Dです。曇られたorz
191が徳島にいる頃は、ヨンナナを見ると191に出会ってました。
松山に転属した後は、事あるごとに144が来てます。 これも144。
そのくせ、ヨンマルはあまり特定の車に出会わないのはまた面白い話。

_IGP3546.jpg
返しの568Dは同じところで。
すごい勾配をぐいぐい登っていきます。 この咆哮こそディーゼルの魅力。
人工物無しのところを登ってくる幌無しのシンプルな姿にキュンと来ました。

_IGP3549_20090904084126.jpg
まだ撮ります。 阿波福井→由岐。
ヴィッツに頑張って山登りをしてもらって、県道23号(で、いいのかな?)から563Dを俯瞰。
休憩所(でも売店自販機水道無し)があり、車を停め放題。
方転させて出船で駐車可能。

ていうか3Bのはずなのに2B・・。
しかもこの後ろが翌朝の528Dに連結されるということなので、ちょっと危ない事態に。
_IGP3551.jpg
木岐。
う~ん、やっぱり2Bは寂しいなぁ。 まさか4545D以外でヨンマルの重連を見ることになるとは(^^;

山を降りきるもトロい車が多く諦めモード。
_IGP3555.jpg
でも諦めずに走った&列車は特に遅い区間ということで間に合った日和佐→山河内。
ここで、この斜光線で撮りたかった!
ほとんどカーテンが下がってますが、それだけまぶしかったということです。
でも夕陽はちゃんと眺めないと。 夕陽の映える40系の車内なんて最高ですよ。
回送みたいだからやめてというのが本音。 でも車内から見る夕陽が綺麗のもまた事実。

_IGP3557.jpg
残光を浴びて。
まだ行きます4発目。これでおしまいの山河内→辺川。(後撃ち)
白飛びするのは確実だったので、とにかく絞りましたがまだ明るかったようです・・w
現像時に補正済み。
ほとんどのカーテンが下がっているということはそれなりの乗車率?

まさか4発も追えるとは思ってませんでした。 しかも4発目は追いかけたのではなく追いついただけなのに。
すごい山道をぐいぐいと毎日、頑張っているんですね(へ´∀`)ノ
そんな40系が我々は大好き。

_IGP3569.jpg
続いて牟岐駅にやって来ました。 窓に映るはもう秋の空か。
よくヨンマルだけで1時間も話が持ったものです。

駅員さん(乗務員さん?)によれば翌朝の528Dは1両減車の3Bとのこと。
もしかしたら更にヨンマルが送り込まれてヨンナナ×2+ヨンマル×2になるのではと期待したのですが・・。

一通り話し込み、またまたkihaさん宅へ。
夜は各々が持ち込んだ10年前後昔の鉄道ファン誌を読んでわいわい。
うちにずっとあった号でも、みんなで読めば新たな発見があるというものです。


翌朝。26日水曜。
5時に起きるも残念ながらどよんどな曇り空。撮り鉄キャンセル。
仕方なく昼過ぎまでいろいろおしゃべり。 時折強く降ってましたかね。

荷物は朝のうちに積み込んでいたので、時計を見て適当な時間にRTB。
お世話になりました。
_IGP3574-1.jpg
日和佐→北河内で568Dを後撃ち。
ちょうどコンビニに寄っていたらやって来ました。

あとは2人でいろいろ話しながら徳島市へ。
徳島駅で6号さんを突放し、自分も走ってすぐの自宅へ帰り着いたのでありました。
3日間の走行距離は514km。 2日~3日よりもかなり燃費が伸びていて安心しました。

kihaさんにくまたか6号さん、3日間今回も本当にお世話になりました。
なかなか1人じゃこうもいきません。 またよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
鉄道写真~徳島の列車 | 【2009-09-04(Fri) 14:06:16】 | Trackback(-) | Comments(-)
あと何日? 出動予定のイベント
派遣隊

写真中隊 ver2.02
報告自慢連絡情報交換、いろいろ楽しくいきましょう( ´∀`)/~~

通信指令室

(09/11/16開設)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

“徳島鉄道情報”配信フォーム
徳島の鉄道情報のメルマガです。
あんなおもしろ編成からあんなネタまで(!?)、興味深い情報が高頻度で配信されております。
パソコンでも携帯電話でもご利用できます。

配信手続きはこちらからどうぞ。

皆さま多数のご登録、お待ちしております。
(08/3/1配信開始)
リンク
ブロとも一覧
ブログ管理MENU(新)
Powered By FC2
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。