プロフィール

ひうち

↑2016/8/31撮影
徳島市交通局 東部循環(右回り)
徳島230あ・・67

Author:ひうち
FC2ブログへようこそ!

徳島の(乗り物の)ことを広く深く。
明るく・詳しく・読みやすく、を目標に
書き綴っていきます!
やっぱり徳島が好きだから―。

PENTAX K20D 本務機
PENTAX *ist-DL2 補機
SIGMA APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM
DA18-55mm F3.5-5.6AL
DA50-200mm F4-5.6ED
ICOM IC-R5/IC-R6
SUBARU LEGACY(BH5D)

since:2005/10/18

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
全記事数表示
全タイトルを表示
ブログ検索
RSSフィード




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
大坂峠を踏破せよ まさかの旧道攻略
昨年08年6月1日(日)、あの再発見きっぷで大坂峠を攻めてきたのでそのレポートです。

このときの行程はねぇ、今でもいろいろ自慢できます。
写真はいつも通り大したことはないのですが、とにかくある意味、後にも先にもない行程となりました。

それでは自己満足のレポート、始めましょう。


6月1日というとすごく中途半端ですが、当初の予定では大坂峠の新緑が綺麗なうちにRVPで仕留めるべく
5月に展開の予定を組んでいました。
しかし、当時高3の自分としては学生鉄の最大の敵であるテストが待ち構えていたり、はたまた天気が悪かったり。
最終的にコンディションの整った6月1日と相成りました。
それでも半ば無理矢理の出撃でしたし前日も天気悪かったし・・。
しかし、無理な状態でこそよりよいものが生まれるというものです。

旅の始まりはいつもの徳島駅。
徳島631発の高徳本線312Dに乗り込み、川端で下車。
1kmほど西へ向かって、それらしく撮れるお立ち台を発見。
_IGP0008.jpg
板野→阿波川端 307D
先頭は191。ヨンナナ見に行く度に191に会っていましたが、今回も期待を裏切ってはくれませんでした。

撮影後すぐに撤収して、急ぎ足で川端へ戻り、316Dに乗り込みました。
乗り過ごしそうになったのはこのときが初めて。
車掌さん&運転士さん、ちょっと待ってくれてありがとうございましたm(_ _)m

_IGP0010.jpg
板野にてその316Dを。徳島方(手前)から111+1122。
愛車認定111が充当!




_IGP0022.jpg
316D 64D 309D
板野でのバカ停はこの2つの列車をやり過ごすため。
なんとも高徳らしい並び。

板野を発車し、相方の車番確認に行こうとしたらなにかにつまづく。
_IGP0023.jpg
誰だよ上げたままにしたの・・。
つまづいて、これを撮ったまさにそのとき、
三脚を携行し、カメラバッグやらコンデジを持っている、中学生と思しきグループに嗤われました。

ヨンナナがこれから大坂峠を越えんしようとしているまさにそのとき、DSやってる貴様らには嗤われたくない。

で、大宮で下車。
少し南へ下ったところにある撮影地にて、高松から来るヨンナナ2Bの317DをRVPで迎撃。
バリ晴れのVコンディション、RVPを持って来て正解というものです。

後日仕上がったスライドを見ても満足の出来。 すぐにプリントを頼みました。高松現像所送りで。

しかし!仕上がったプリントを見て愕然。

ピンぼけやオーバーとかいう次元を超越した汚い写真ができちゃいました。
あれはレンズでもカメラでも露出でもなく、プリントのせいだと思う。
距離と通過時間が災いして、それ移行、09年12月現在、一度もリベンジに出撃すらしていなかったりします。
あそこで極めるまでは終われない。

1時間も待ったのに・・。

IMGP5942.jpg
駅に戻って程なくしてやって来た4328Dに乗り込み、峠を越えました。
この山深い車窓はいつ乗っても楽しい。 峠の下りでは右手に播磨灘を一望できますしね。


そして相生で下車。
最終目標は俯瞰ですし、特に狙いの列車もないのでぼけーっと山へ向かって歩き出しました。
IMGP5947.jpg
40分ほど歩いたところにこんなお立ち台発見!
ここで185の「うずしお」5号を理想の光線で迎撃しました。
しかし出来は、317D程ではないものの残念な仕上がり。 なぜだ。
もちろん、先頭は言うまでもなく剣山色でしたヽ(`∀´;)ノ

振り向けば大坂峠。 いよいよ攻めるときが来たようです。
歩いて歩いて山にたどり着き、登山道を見つけたのでアタック開始。 こんなところで山登りすることになろうとは。

しかし、歩けども歩けども線路が見えてこない。
このまま俯瞰を撮れずに山を降りてしまうのか、はたまた引き返してしまうのか。
そんな中途半端なことだけは避けたい。

後から知ったのですがあの有名な俯瞰、あれって県道1号からの俯瞰なんですよね・・。

_IGP0028.jpg
やっとの思いでたどり着いた俯瞰ポイント。
線路が見えるとこだけうまい具合に木が掛かっていないのがいいですね。

_IGP0038-1.jpg
72D「うずしお」12号
2Bはさみしい。

_IGP0044-1.jpg
4333D
レイアウトのようなところを走る1500。

_IGP0059-1.jpg
4335D
明らかに切り位置おかしいけど、V位置はポジで頂いたため。 Vな写真じゃなかったけど。

これにて俯瞰は終了。
お昼なのに短時間で効率よく撮影できて満足。

問題はここからの行程。
このまま山を降りるか越えるか。

このまま降りても行くアテもないし、もう二度と来ることがないかもしれないということで、山越えを決意。
どこまで続くのかどこに続くのか、そもそも山を越えたら阿波大宮駅に戻れるのか、
知らない道でもあれば調べてすらいません。
しかしここで帰ったらその程度で終わらせてしまう根性無しになっちゃうし、なにより、
この先を知りたかったので歩き始めることに。

IMGP5958.jpg
こんな道が延々と続きます。
むしさんに遭遇しなかったのは全くの偶然。 こればかりはむしさんに感謝です。
もうとにかく歩きます。

IMGP5965.jpg
しばらく歩くと山頂に来ちゃいました。よかった、降りられるようです。

IMGP5970.jpg
はい到着。 徒歩山岳課程完遂。
歩きでキツかったのは、このときを軽く越えました。

しかし、これで話のネタにもなれば自慢できる撮影行となりました。
徳島県民の方ならわかるはず(笑
あの板野の山を、徒歩で越えました!

かなり歩いたように思いますが、撮影ポイントからは1時間40分ほどしか歩いてないんですよね。
体感的にはかなり疲れましたけれどもやはりそれに見合った達成感。 歩いてよかった。

この後、阿波大宮と大宮トンネルの間で「うずしお」をちまちま撮ってへたくそ写真を量産。
_IGP0063.jpg
ヨンナナ4Bの362Dはここで。
轟音を立てて必死でゆっくり坂を駆け上がっていくヨンナナに感激。(撮りたくなってきたでしょ?w
1日の疲れが飛んでいきました。
もう日が暮れてしまいましたが意地のポジ。
しかし、こんな露出にも関わらず、ここでのポジがすばらしい仕上がり。プリントしても満足できる出来でした。

以上で撮影を終え、阿波大宮駅に戻り、4365Dに乗って徳島へ帰投しました。
IMGP5986.jpg
おまけ「引田」幕。このまま徳島へ向かいましたw

IMGP5988.jpg
またも板野駅。 すごい落とし物。 落とし物というか忘れ物か。

以上です。
ポジ撮影分、スキャンしたら載せます。 載せたらまたお知らせしますね。

終わってみれば結局は、ほとんど大坂峠旧道を歩きに行ったようなもんでしたw
関連記事
スポンサーサイト
鉄道写真~県外の列車 | 【2009-12-12(Sat) 16:57:41】 | Trackback(-) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

あと何日? 出動予定のイベント
派遣隊

写真中隊 ver2.02
報告自慢連絡情報交換、いろいろ楽しくいきましょう( ´∀`)/~~

通信指令室

(09/11/16開設)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

“徳島鉄道情報”配信フォーム
徳島の鉄道情報のメルマガです。
あんなおもしろ編成からあんなネタまで(!?)、興味深い情報が高頻度で配信されております。
パソコンでも携帯電話でもご利用できます。

配信手続きはこちらからどうぞ。

皆さま多数のご登録、お待ちしております。
(08/3/1配信開始)
リンク
ブロとも一覧
ブログ管理MENU(新)
Powered By FC2
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。