プロフィール

ひうち

↑2016/8/31撮影
徳島市交通局 東部循環(右回り)
徳島230あ・・67

Author:ひうち
FC2ブログへようこそ!

徳島の(乗り物の)ことを広く深く。
明るく・詳しく・読みやすく、を目標に
書き綴っていきます!
やっぱり徳島が好きだから―。

PENTAX K20D 本務機
PENTAX *ist-DL2 補機
SIGMA APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM
DA18-55mm F3.5-5.6AL
DA50-200mm F4-5.6ED
ICOM IC-R5/IC-R6
SUBARU LEGACY(BH5D)

since:2005/10/18

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
全記事数表示
全タイトルを表示
ブログ検索
RSSフィード




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
そろそろ“あと1週間”と言わなならん
そろそろ、いよいよ感が一層強くなってくる頃でしょうか。

5日の夜、バスで徳島へ帰ります。 それからは油臭い生活を送ることになりそう。

それにしても天気が悪い。
夕方の阿南運用は晴れたらすごいですよ、それなのに晴れないのはどうしたものか。



でも・・。


徳島市に住んでいながら、小松島市の高校へ通っておりました。
雨が降ったら10kmの道のりを自転車で走るわけにも行かないので、列車で通学。
そんな中で走ったら自転車がかわいそう。

朝の徳島駅の賑わいに高い列車頻度。 満員の車内に、あのわくわく。
もう降りなならん、もっと乗っていたいという気持ち。

帰りは帰りで、中田駅で待っている時点で楽しみ。 楽しい学校を終え、大好きな駅で好きな列車を待つ。
最高の友達らとわいわい一緒にいながらも、気持ちは半分が鉄路へ。 どのクルマがどんな編成で来るのか。

列車が滑り込んできて、乗り込んで、1日の授業で疲れた体をシートに静める。
これがもうたまらないひとときでした。 40系はかぶりつきにくいのでw
ワイパーを動かし雨粒を飛ばし、灰色の雲が立ちこめる、勝浦川や地蔵橋の山や二軒屋の街並みが、
どんどん過ぎていきます。

そして徳島駅に着いて、特に急ぐわけでもないので1時間くらいそのまま居残って
慌ただしく行き来する気動車をぼけーっと満喫し、ほくほくした気持ちで歩いて帰る。

天気は雨ですが、列車での通学は、それはそれは面白いものでした。


撮影的にはあまり歓迎されない(しない)天気ではありますが、こういったこともあり
感じることはいろいろあるのであります。

どうやらダイヤ改正までお天気は優れないようですが、そんなしとしと雨の中を行く40系の、最後の姿を
好きな駅を中心に記録してあげようじゃありませんか。

雨降りの列車は、あの3年間と同じ気分で乗れます。 ということで乗るのも楽しみ。
さすがに12日の乗りではそんなことは言ってられないんですけどね(^^;


徳島に帰ってからの5日以降、そういった列車とのお付き合いの原点も踏まえつつ、
精一杯、最高出力で、効率よく、いろいろ回ってみたいと思います。

夏と年末年始に満足のいくだけ撮れておいてよかった・・。




待っていてください。 明後日から本気出す。
関連記事
スポンサーサイト


徳島の鉄道の話題 | 【2010-03-03(Wed) 22:39:20】 | Trackback(-) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

あと何日? 出動予定のイベント
派遣隊

写真中隊 ver2.02
報告自慢連絡情報交換、いろいろ楽しくいきましょう( ´∀`)/~~

通信指令室

(09/11/16開設)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

“徳島鉄道情報”配信フォーム
徳島の鉄道情報のメルマガです。
あんなおもしろ編成からあんなネタまで(!?)、興味深い情報が高頻度で配信されております。
パソコンでも携帯電話でもご利用できます。

配信手続きはこちらからどうぞ。

皆さま多数のご登録、お待ちしております。
(08/3/1配信開始)
リンク
ブロとも一覧
ブログ管理MENU(新)
Powered By FC2
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。