プロフィール

ひうち

↑2016/8/31撮影
徳島市交通局 東部循環(右回り)
徳島230あ・・67

Author:ひうち
FC2ブログへようこそ!

徳島の(乗り物の)ことを広く深く。
明るく・詳しく・読みやすく、を目標に
書き綴っていきます!
やっぱり徳島が好きだから―。

PENTAX K20D 本務機
PENTAX *ist-DL2 補機
SIGMA APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM
DA18-55mm F3.5-5.6AL
DA50-200mm F4-5.6ED
ICOM IC-R5/IC-R6
SUBARU LEGACY(BH5D)

since:2005/10/18

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
全記事数表示
全タイトルを表示
ブログ検索
RSSフィード




水防月間と言えば水防演習! 来るべき豪雨に備え
毎年5月は、国土交通省が掲げる「水防月間」、これは6月の梅雨期を前に、もう一度改めて
水防に対する意識や重要性を再確認しようと1987年に制定されました。

国交省徳島地方整備局では、毎年5月末に4県持ち回りで開催しています。
今年平成22年は愛媛県松山市にて重信川水防演習、平成21年は高知県南国市で物部川・仁淀川合同水防演習が実施され
2年前、平成20年は我らが徳島県、一級河川吉野川水系吉野川、吉野川南岸河口河川敷にて実施されました。

地元も地元、超地元。むしろ校区。
そんなところで、四国各地からライフライン機関の緊急車両が集まって、総合訓練を行うということでありますよ。
これは燃えずしていられますでしょうか。

水防演習ともなると、一般の防災訓練にはあまり参加しない国交省の車両が多く参加します。
またNTTもあまり見られません。
四国各地の赤灯載せたカッコいい“緊急車両”が、これでもかというほど集まるのが防災訓練であり、水防演習なのです。
自衛隊勢であれば県総合防災訓練などの方が期待できますが、こういうイベントでは、しつこいようですが
やはり 緊 急 車 両 、これに尽きます。

ODの車輛も燃えますが、
ここはやはり赤灯をまぶしく輝かせてサイレン鳴らし、信号が赤の交差点を突っ走る緊車に歩があると言えましょう。

DATE
行事名:平成20年度 吉野川・那賀川合同水防演習
主催:国土交通省四国地方整備局
場所:徳島県徳島市 吉野川南岸河口河川敷
期日:2008/5/25(日)
天候:薄晴れ
主な収穫:普段はあまり見られない国交省などの機関の緊急車両を撮影できたこと
今回の失策:特になし


もう2年以上も前のレポートですが、進めていきます。
まずは会場設営中の様子を。
IMGP5896.jpg

08/5/18(日)、1週間前の撮影ですね。

IMGP5899.jpg

総火演のようなスタンド席まで設けられるようです。
演習会場にスタンド席があると、気分が高まります。

_IGP9421.jpg
そしてこちらが当日、0700に現着したときの様子です。
確かこの日は0600にも強い雨は降っていたのですが、見事に止んでくれました。
雨上がりですしこの空です。 もう雨の心配はないでしょう。
ということは、この田んぼみたいなグラウンドをいろんな車両が疾駆するのが見られると言うこと。




_IGP9425.jpg
受付の様子。 もちろんまだ準備中。

_IGP9426.jpg
案内図。
こういうのも、わくわくさせてくれるアイテムです。
これを見て、それぞれで行われる訓練の内容を妄想するだけで半日は経ちます。

_IGP9427.jpg
今回、最も楽しみにしていた国交省の車両達! これに会いたかった!!

_IGP9430.jpg
徳島河川国道事務所の河川パトロールカーが来ました。
河川パトロールカーは、この濃いオレンジ色である場合が多いです。 奥の散水車が一般的な黄色。
でも濃い方が、より目立って渋いです。

_IGP9438.jpg
NTT西日本徳島支店の非常用電源車。
軽油で発電して、電話交換局の電源を確保します。

_IGP9449.jpg
四国電力徳島支店のサポートカー。
現地での要員支援や、復旧対策本部となります。

_IGP9451.jpg
吉野川市の防災広報車でしょうか。 それとも中央広域連合の指揮車?

_IGP9455.jpg
日赤徳島県支部の通信指令車。 情報収集を実施する斥候車です。

_IGP9459.jpg
板野東部消防組合の指揮車。

_IGP9468.jpg
我らが徳島市消防局、救助工作車Ⅲ型の東救助も臨場!

_IGP9469.jpg
これこそレスキュー車の迫力です。

_IGP9471.jpg
徳島市消防局の予備車の2B救急車。
ハイエースの、救急車専用グレード。
徳島消防って、2B救急車は管内でいつもぐるぐる回っているような。
東署津田出張所にいるかと思えば西署国府出張所にいたり、東署の車庫で待機してたりします。

_IGP9473.jpg
まさかのスタック!w
これぞ実戦、“水防演習”らしいコンディション。

_IGP9487.jpg
第15普通科連隊本部管理中隊の73式小型トラック新型。

_IGP9489.jpg
すげー。

_IGP9494.jpg
駐車証。 関係者しか手に入れられない貴重かつマニア価値の高い代物。

うまいことに一気に参加車両が臨場して来てもう感激を通り越した感激なのですが、まだ続きます。
_IGP9500.jpg
徳島県(国交省じゃないです)の30m3排水ポンプ車臨場! 待ってました!
これぞ水防演習と言える単縦陣です。
でっかいエアロソニックとかわいらしい警光灯のコラボが実現w

_IGP9511.jpg
タクは県の協定による災害時での輸送支援、みたいな感じで演習に参加するのかと思ったのですがすぐ帰りましたw

_IGP9515_5.jpg
徳島県警東署交通課の18クラウン。

_IGP9520.jpg
まだまだ演習始まっていないのにスタックや空転が多発するということで、土のう用の土砂を盛ってます。
このユンボも演習参加車両。 実戦ですなぁ。

_IGP9531.jpg
ベル412EP JA6820、四国地方整備局の防災ヘリコプター「愛らんど」です。
拠点は高松空港で運用は四国航空。

このカラーリングこそ国交省ですよね。
車両もそうですが、なぜにこうも国交省のカラーリングってカッコいいのでしょうか。
とてもイメージに合っています。

_IGP9533.jpg
吉野川大橋から。
いろんな車両、広い演習会場が一望できました。 演習開始はもうそろそろです。

_IGP9544.jpg
受付が始まっておりました。
パンフレットなどの入った記念品を配布しており、パンフレット収集マニアである自分としてはうれしいおみやげです。
土のう袋まで付いてきますw

_IGP9546.jpg
演習に参加しない車両の展示です。
今だと、全ての車両の形式写真を撮るのですが、このときはなぜか撮っておらず。
それでもそれ以外の写真は、全て完璧なのが今回の水防演習だったりします。
イベントの写真に関してはこの頃から、一通りは撮れるようになっているのですが
鉄道写真については横ばいの戦果であります。

_IGP9548.jpg
こちらは裏方車両。 演習の様子を撮影し、各モニターに中継するための中継車です。
ふそうザ・グレートの特装車でしょうか。
映像制作会社の中継車です。

_IGP9550.jpg
このぬかるんだ地面だと、キャノンケーブルのコネクターの保護なんかも大変なのではないでしょうか。

_IGP9547.jpg
要救助者をピックアップするために設けられたヘリパッド。
これが演習前に話題となりました。

貴重な干潟を潰すなと非難囂々。
それでも結局は作っちゃいました。

が、当日は天候不順のため、ヘリ飛来はキャンセルとなりました(^^;
演習時の天気はよかったのですが、全ては中止の決定を下す時刻次第なのです。

_IGP9563.jpg
0900、参加部隊が入場してきました。 開会式です。

_IGP9566.jpg
整列完了。

_IGP9569.jpg
何種類の制服がわかるかな?
徳島県の腕章うらやましい。

_IGP9587.jpg
ガッチガチの挙手の礼を決める飯泉嘉門徳島県知事。
天皇陛下から自治体の長に至るまで、なんで災害時って取って付けたように作業服なんでしょうか。
折り目の付いたアイロンしたてのような作業服は作業服と言わんのです。

_IGP9600.jpg
まずは基本の土のうから。

_IGP9601.jpg
分団の方々による人海戦術。

_IGP9604.jpg
土のうとセットである杭打ち。 ロープを張ったり土のうを固定したり、いろいろ使うのが杭です。

日本の歴史は水害と共にあるように、古来より水害が続いています。
そんな日本を護ろうと、先人の方々が大昔からいろんな工法を試してきており、消防戦法と同じく
非常に多種多様な、柔軟に対応できる水防工法が、今に伝えられて来ています。
徳島も吉野川の氾濫など、存在の遠い話ではありません。
最近でこそ南海地震対策が目立っていますけどね。

_IGP9614.jpg
徳島県建設業協会の支援部隊による大型土のう。
民間資源をいかに素早く動かせるかが、カギとなります。

_IGP9617_1.jpg
待機する参加車両(*´д`*)ハァハァ

続いて河川での溺者救出。
まずは県警。
_IGP9641_1.jpg
徳島県警広域緊急援助隊が、小型輸送車に乗って臨場。

_IGP9642.jpg
これは珍しい。 資材搬送車でしょうか。

_IGP9643.jpg
徳島市消防局西署の指揮車。
西署には、水難救助に対応している隊が編成されています。

_IGP9653.jpg
水難事案であれば、東署の支援車も出場する場合が多いです。 今回は東署の救助工作車と、西署の隊の2隊で対応。

_IGP9655_1.jpg
要救助者の安全を確保し、救命索発射銃で索を飛ばします。

_IGP9657_3.jpg
奥は県警のゴムボート。

_IGP9659_1.jpg
頑張れ!もう少しだぞ!頑張れよ!

_IGP9664.jpg
救出完了。

_IGP9670.jpg
救急に引き継がれました。

_IGP9677_1.jpg
県警も救出完了。 プレスが、訓練であることをより引き立てていていい感じです。

続いてはライフライン復旧。
_IGP9691_1.jpg
電力の供給を再開させるため、四国電力が臨場。

_IGP9704_2.jpg
隣では、NTTによる電話の復旧が開始。
どっち撮ろうかとも、かなり迷いましたが画的においしく、
個人的には電話以上に生活に密着してる電線の復旧を見学。

_IGP9711.jpg
折れた電柱もこのように戻せるんですね。 実物の電柱を折ってるからすごい。

_IGP9715.jpg
四国電力グループとして、設備工事を担任しているのが四電工です。

_IGP9717.jpg
わかりやすい工法。

_IGP9759_20101215172006.jpg
電柱間に電線が渡され、電源車での供給が開始されました。

_IGP9734.jpg
これがその電源車。

_IGP9725.jpg
そうこうしていると、徳島市による避難の呼びかけが開始されました。

_IGP9726.jpg
渭東分団のCD-Ⅰも呼びかけています。
こういうとき、より地域に密着した行動をすばやく展開できるのが、分団の強みです。
それにしても足場の悪さが、リアルです。

_IGP9743.jpg
続いて日赤が臨場。

_IGP9754.jpg
これは災害救護車でしょうか。
見た目の通り、今回の演習で日赤が使用する資機材は全てこれに積載されていました。

_IGP9762.jpg
避難所の様子。
日曜がこんな訓練で潰れた・・って思う子が多いとは思いますが
中には、水防演習キタ━━━━ヽ(・∀・ )ノ━━━━!!!! って思ってる子も、必ずいるはずです(^^:

_IGP9775_20101215173539.jpg
日赤徳島県支部のバイク奉仕団のオフロードバイクです。
交通網が寸断された状態でも、民間資源の活用によりすばやく災害地へ展開できるように編成された
ボランティアの方々です。

_IGP9783.jpg
2B救急車。
徳島赤十字病院に所属している高規格救急車とは、運用が別です。
あっちは転院搬送が主ですが、こちらは災害地へ出場し、高度医療が必要な患者を病院まで搬送します。

_IGP9802.jpg
ライフライン復旧部隊が退場。 まずは四電工の高所作業車。
コンパクトにいろいろ載っけてるのが工事車両である誇り。

_IGP9804_20101215191136.jpg
建柱車。
穴を掘って電柱を建てる、高所作業車と並んで無くてはならない車両。

_IGP9814.jpg
NTT徳島支店のランドクルーザー80。 やっぱりランクルは80か70ですね。
SUVにエアロソニック載せると、なぜこうもカッコよくなるのか(*´д`*)

_IGP9819.jpg
非常用電源車。 基地局が停電した際に電力を供給する車両です。
大きな車に小さな筒の赤灯も萌えますね。モーターサイレンもすばらしい。

_IGP9822.jpg
移動電源車。 こちらは、移動基地局の電源を確保。

_IGP9827.jpg
このハイエースは、必要な要員と資機材を積載して現地へ出場する車両のようですね。

_IGP9831_20101215195120.jpg
日赤が非常食の供給訓練として、徳島産のさつまいもを配布してました。 ふかふかでおいしかったですよ~。
こういうのをもらはない手はないでしょう。 手軽に避難所気分。

逃げ遅れた方々が消防と警察によって救助され、寸断されていたライフラインが四国電力ちNTTによって回復され、
日赤による避難所も開設されました。
続いては、国交省による被災状況の監視です。
_IGP9843.jpg
河川パトロールカーが緊急走行で進入。 河川の監視に向かいます。

_IGP9848.jpg
防災ヘリコプタ「愛らんど」からのヘリテレ映像です。
録画映像ではなく、実際に送受信して会場のモニターに映されていました。

_IGP9854_1.jpg
徳島河川国道事務所の衛星通信車。
国交省のカラーリングはセンスを感じますね。

_IGP9861_20101215200718.jpg
後ろにも赤灯を載せている車両、大好きです。

_IGP9871.jpg
カメラが伸梯されました。

_IGP9864_20101215200718.jpg
かなりの広範囲が見渡すことができ、これを送信して監視所となるのが、この車両のお仕事。

ここまで来ると演習も終盤。
_IGP9875.jpg
徳島県や国交省、それぞれの部署の長の皆さんが視察に向かいます。

_IGP9889.jpg
見所たくさんだった演習も終わり、これより閉会式。

_IGP9917.jpg
撤収を進める日赤。
医療行為だけではなくて避難所の設営や、避難所でのお世話までが日赤の範囲なんですね。

_IGP9918.jpg
これは初めて見ました。 その名も土のう造成器。
こんな形しか農機具あったような。 それを改造、転用してるんでしょうか。

_IGP9922_20101215213906.jpg
徳島県の30m3排水ポンプ車。 1分間に30立方メートルの排水が可能。
車体にポンプを載せています。

_IGP9923.jpg
徳島河川国道事務所の散水車。

_IGP9924.jpg
徳島河川国道事務所の150m3排水ポンプ車。 こちらはポンプを水中に降ろして吸水します。

_IGP9929.jpg
確か四国地方整備局に2台しかいない対策本部車。 香川ナンバーでした。
これを見ると、どうしてもスーパーアンビュランスを思い出してしまいます。
けどこっちを知ってしまうと、やっぱりこっちのもんですよね~。

_IGP9932_1.jpg
徳島河川国道事務所の標識車。

_IGP9936_20101215220047.jpg
徳島河川国道事務所の照明車。
照明車までも装備しているんですね。

_IGP9937.jpg
これも四国地方整備局の所属でしょうか、衛星通信車。 地球局となる車両です。
う~ん、今ならもっとマシな写真が撮れる・・。

_IGP9927.jpg
参加車両ではなく、プレスとして来ていたNHKの中継車。

_IGP9931_20101215220047.jpg
NTTの移動基地局車かな。

以上で全行程が終了し、ちょうど2GBのSDを使い切ったということで、帰投しました。
途中から画質を落として2400x1600で撮ってました(^^;
とりあえず帰って足を洗ったのは言うまでもありません。 乗り物から足は洗う気な無いですけどね!!

それでもこの演習は、このグラウンドのコンディションも相まって、今でも思い出に残っているイベントの一つです。
あれから2年以上が経ちいろんなとこ言ってますが、ここまで大がかりな防災訓練って案外行けてないんですよね。
日程が合わなかったり会場が遠すぎたり。
それがこのときは、家から自転車ですぐの、地元な会場で実施してくれました。

またこんな楽しい防災訓練に行けることを祈って、閉じることとします。

次のレポートは、阪基「はたかぜ」!
関連記事
スポンサーサイト
イベントレポート | 【2010-12-15(Wed) 22:31:42】 | Trackback(-) | Comments:(2)
コメント
こういう足場のときでも迅速に活用できるような靴を装備した方がいいのかなぁとは、前々より思っております。
半長靴とか・・w
2010-12-21 火 13:50:01 | URL | ひうち@管理人 #aWSHzNIs [ 編集]

あー、実はこれ見に行ってましたw
足場が悪かったので長靴持ってくりゃよかったと思ったりしたもんです。
2010-12-17 金 23:51:06 | URL | 気捜185 #i5HEmvqM [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

あと何日? 出動予定のイベント
派遣隊

写真中隊 ver2.02
報告自慢連絡情報交換、いろいろ楽しくいきましょう( ´∀`)/~~

通信指令室

(09/11/16開設)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

“徳島鉄道情報”配信フォーム
徳島の鉄道情報のメルマガです。
あんなおもしろ編成からあんなネタまで(!?)、興味深い情報が高頻度で配信されております。
パソコンでも携帯電話でもご利用できます。

配信手続きはこちらからどうぞ。

皆さま多数のご登録、お待ちしております。
(08/3/1配信開始)
リンク
ブロとも一覧
ブログ管理MENU(新)
Powered By FC2
カウンター