プロフィール

ひうち

↑2016/8/31撮影
徳島市交通局 東部循環(右回り)
徳島230あ・・67

Author:ひうち
FC2ブログへようこそ!

徳島の(乗り物の)ことを広く深く。
明るく・詳しく・読みやすく、を目標に
書き綴っていきます!
やっぱり徳島が好きだから―。

PENTAX K20D 本務機
PENTAX *ist-DL2 補機
SIGMA APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM
DA18-55mm F3.5-5.6AL
DA50-200mm F4-5.6ED
ICOM IC-R5/IC-R6
SUBARU LEGACY(BH5D)

since:2005/10/18

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
全記事数表示
全タイトルを表示
ブログ検索
RSSフィード




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
バスの日!撮って乗って
昨年12/26(日)、県が主導となり徳島駅を発着するバスが一律100円となるバスの日であるということで
バスを楽しんできました。

_IGP7028.jpg
まずはバスじゃないけどYT140コロナw
これぞ小型タクシーの佇まいです。 徳島市内に3台いるのかな?




_IGP7036.jpg
続いて77Dさんと合流してバスウォッチング。
徳バスのKC-MP717Kニューエアロ。 徳バスに5台いる大型車のうち、ニューエアロは2台でブルーリボンHUは3台。

_IGP7038_1.jpg
徳島市営のKC-HU2PMCEが来ました。 市バス一般塗装のHUはこの1台だけ?
徳島230で似たようなナンバーがいますが、これは1992年式の徳島22。
徳島では珍しい前中の折り戸。 小松島のMK117Jは全車が前中の折り戸ですけどね。

1040発の徳島バス川口行を待ってました。
長距離路線という意味合いからか、大型車が充当されることが多くHUの専属路線であります。
ニューエアロも大型車ではあるのですが、せっかくなのでボロいHUに乗ろうということに。
乗り心地の面でもHUのが勝るようです。

しかし決まった運用などは無いようで、以前もこの便に乗ろうとしたら新型のノンステが来たので
徳島市営の循環バスに充当されていたHTに乗ったことがあります。

このときも運次第だったのですが、運良くHUの364が来てくれました。

_IGP7047_3.jpg
那賀や鷲敷のまだちょっと奥の川口営業所まで約2時間の旅。
エアサスではあるのですが、もうエアは抜けている残念な乗り心地。
それでもショックの緩衝ではエアサスならではの抜け方で、リーフサスやコイルバネの突き上げる感覚は無く、
さすがはエアサスと言ったところ。
狭い上り勾配をぐいぐい上っていくのは、エンジンもよく響いていい感じでした。

写真はその川口営業所の車庫。 ずらりと大型車が並ぶのは圧巻。 HRが場違いです。
路線車のベースである出来島車庫でもこれは見られません。
315は94年式U-HU2MLAAですが363と今回乗ってきた364は96年式KC-HU2MLCAということで
ボデーやエンジン音に違いがありますが、基本的には同一の仕様。

しかし、315はちょっと前から故障が頻発しており、このときも運用から外れてここで留置されていました。
U代の大型車がしぶとく現役で残っているのも、地味ながら貴重なことであります。

_IGP7056.jpg
川口営業所。 近代建築ファンも納得(^^;
これ中がすごいんですよ。見た目に違わぬすばらしさ。
年代物の運賃表や路線図もあり、廃止された路線の営業所のような感じではあるのですが
ストーブや暖房で暖かく、徳バスの方々の賑やかな声が聞こえてました。

_IGP7046_1.jpg
南部バスのレインボーRR?
貸切かと思えば、立派な路線車。

_IGP7060_20110105173838.jpg
こちらも南部バスのリエッセとジャーニー。 こんなジャーニー初めて見ました。
ジャーニーという名前はよく耳にするものの、旅館とかの送迎車と縁がない徳島市民としては
あまり見掛けない車種です。

1300発のHRに乗って川口営業所を出発。
このままノンステで徳島駅に行くのもあれなので、那賀町役場で降りてみました。
_IGP7064.jpg
そしてkihaさんの案内でやって来たのはこれ!
いすゞBA05N川崎ボデーでしょうか。 大型車の短尺ボデー。

ここまで状態のいい廃バスも少ないのではないでしょうか。
車内は各部品が外されているものの、外装などはそのまま。
レストアしたらいい調子に走りそうな気さえしてきます。

やはり徳バスはこのカラーでこそです。
阿南バスのリエッセとローザがこの色ですが、普通の路線バスも1台くらいこれにならないもんでしょうか。
この徳バス旧塗装のもつ威力は絶大。 3色の色合いがベストすぎます。

それにしても、廃バスの発見報告が絶えません。
最近だと、このように状態のいい個体の報告も上がってきています。
まだまだこれからとは思うのですが、廃バスと言えど意外と先の見えないものです。

_IGP7072_1.jpg
バス停に戻って待ってると、向かいのバス停を川口行の363が発車。
大型車ならではの窓配置とかがわかるのですが、やはりバスはドア側を撮らないと物足りません。

363が行ったすぐ後に、徳島駅行の364が。 帰りも364です。
路線バスに揺られて走り慣れたR55旧道や駅前を走るのは、いつもと違って楽しい感じ。
このバスの揺れが旅情を感じさせます。

徳島駅で364とお別れし、この日はバスマニア運用を終えました。
徳島駅から川口営業所は1340円(だったっけ?)するのですが、
それがバスの日はなんと破格の大バーゲン100円で乗れちゃいます。
確かに100円でこんなに長い距離を、好きなバスに乗れるのはおいしい機会ではあるのですが
鳴門市営バスが手を引いたのは痛いです。

鳴門のMPもすごく楽しい乗り心地ですし、鳴門は行った先でいろいろ遊べます。
バス乗り継いで変な路線走ったり。
台所事情が違うのでなかなかうまくいかないものなのでしょうか。 鳴門はまたの機会に。

この日はこの後、ヨンデンプラザ徳島で行われていた四国鉄道写真展の片付けに参加して
全て終わったあとは、徳島の学生鉄が残って、ひさしぶりにわいわい座談会。
これもまた本当に楽しい2時間あまりとなりました。
お会いした皆さんお疲れでした。
関連記事
スポンサーサイト
県外の乗り物 | 【2011-01-05(Wed) 18:01:27】 | Trackback(-) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

あと何日? 出動予定のイベント
派遣隊

写真中隊 ver2.02
報告自慢連絡情報交換、いろいろ楽しくいきましょう( ´∀`)/~~

通信指令室

(09/11/16開設)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

“徳島鉄道情報”配信フォーム
徳島の鉄道情報のメルマガです。
あんなおもしろ編成からあんなネタまで(!?)、興味深い情報が高頻度で配信されております。
パソコンでも携帯電話でもご利用できます。

配信手続きはこちらからどうぞ。

皆さま多数のご登録、お待ちしております。
(08/3/1配信開始)
リンク
ブロとも一覧
ブログ管理MENU(新)
Powered By FC2
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。