プロフィール

ひうち

↑2016/8/31撮影
徳島市交通局 東部循環(右回り)
徳島230あ・・67

Author:ひうち
FC2ブログへようこそ!

徳島の(乗り物の)ことを広く深く。
明るく・詳しく・読みやすく、を目標に
書き綴っていきます!
やっぱり徳島が好きだから―。

PENTAX K20D 本務機
PENTAX *ist-DL2 補機
SIGMA APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM
DA18-55mm F3.5-5.6AL
DA50-200mm F4-5.6ED
ICOM IC-R5/IC-R6
SUBARU LEGACY(BH5D)

since:2005/10/18

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
全記事数表示
全タイトルを表示
ブログ検索
RSSフィード




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
徳島市消防局こども消防カーニバル
我らが徳島市消防局では毎年、秋の全国火災予防運動の期間中に
徳島市のとくしま動物園にて“こども消防カーニバル”を開催しています。

以前はいくら数少ない徳島消防のイベントと言えども、とてもちゃちい催しでした。
それが、ある年の開催された日の翌日の朝刊を見て参加台数に驚いて、
そのとき取材に行っていたたま金見て2度びっくりw
ちっちゃい子と家族連れで静かに賑わうとくしま動物園が、かなり激しいことになっているようです。
これはいかなならん!ということで、この日は昼から仕事だったのですがさわりだけでもと行ってきました。

2011/11/13(日)の記録です。

会場はこのときもとくしま動物園。
動物園のどこに消防車を展示するスペースがあるのかよくわからないままの展開。

ひとまずは、いつものように関係者駐車場をのぞいてみることに。
_K200013_20130420010605.jpg
さぁ早速このラインナップです。
資機材搬送1号車(徳島消防12)が撮れただけで大満足。 ファイターかっこよすぎる。

以下( )内は無線の呼出呼称。せっかくなので書いてみる。

_K200020_20130420010728.jpg
局広報2号車(徳消60)。 前面警光灯の取り付け方が渋い。

_K200047_20130420010727.jpg
局広報3号車(徳消62)。
このサンバーにも、市波/県内波の無線機が備えられています。




_K200006_20130420010511.jpg
放水体験のポンプ車として使われたのは、まさかの西3(徳消33)w
なんで東署管内の動物園が会場なのに西署からの参加なんだろう。
県都の本署隊なのに徳88ナンバーは古い罠。

_K200026_20130420010724.jpg
救急普及啓発広報車(徳消66)のシビリアン。
局じゃなくて東消防署の所属。

_K200098_20130420013031.jpg
広報のみを目的とした車両なのかな? 2Bや3Bに転用することはできずに。

_K200038_20130420010726.jpg
勝占救急2号車(徳救東58)。
この一般的な2B救急車のデザイン、を継承しているキャラバンなのですが・・

_K200096_20130420010725.jpg
オーテックの架装したスーパーアンビュランスなのです。

_K200039_20130420010726.jpg
徳島消防にもスーパーアンビュランスおったんじゃ(真顔

_K200054_20130420014021.jpg
多家良分団(徳消多家良77)が展示のために臨場。 行灯が渋い。

_K200066_20130420014020.jpg
多家良分団飯谷班(徳消飯谷92)のポンプ積載車。

_K200137.jpg
徳島消防の消防団のうち、勝占/八万/多家良/国府分団の隷下に「班」が編制されていますが
「班」にはB-2級、またはB-3級のポンプを搭載した積載車が配備されています。
団にはCD-Ⅰを配備。

_K200071.jpg
こちらは多家良分団の渋野班(徳消渋野91)。飯谷班のボンゴとは違った「徳島市消防団」の表記がいいですね。
(写真載せ間違えてましたがツイッターでご指摘いただいたので修正しました。ありがとうございました)

_K200068_20130420014020.jpg
多家良分団は3台全てが集結しました。 徳島市街区に住んでいると、なかなか班の車両までも見ることはできません。

_K200114.jpg

_K200132.jpg
車内も公開されていたので、ちっちゃい子の合間に乗車!

_K200127.jpg
前からキニなっていたAVM装置をようやく間近で見ることができ、システムが理解できました。
理解もなにも見たままなのですが。
「開始」ってなんなんだろう。 放水(送水)開始?

徳島市消防局の無線は、「徳島消防○○(各移動局)」から「徳島消防(本部)」を呼び出していたのですが
この頃からコールサインが「徳島消防」から「徳消」に変わりました。
それぞれの車両に割り振られている数字は変わっていないのですが、
なぜにいまこのタイミングで変更したのかが解りません。
「消防広域化を見越して、各地方の名を呼びにくくなったため?」との意見もありますが果てさて。

東2号車「徳島消防2から徳島消防!2火点方面黒煙上昇を確認!」
通信指令室「徳島消防了解!」
     「徳島消防から○○町一般建物火災出動各隊、先発隊からの情報、火点方向に黒煙の上昇を確認!」
     「出動各隊にあっては活動に際し十分注意せよ!」

徳消なんぞより「徳島消防」の方が絶対にええよなぁ・:*:・(*´▽`*)うっとり・:*:・

_K200139_20130420015237.jpg
無線といえば、こんなのも載ってました。 けったいなデジタルトランシーバーのIC-DPR5。
こればかりは聞き捨てならずに分団の方にお話を伺いました。

方上、渋野とその近辺一円がこの年の9月の豪雨の際に、大規模浸水してしまいました。
そうなると水防の第一線に投入されるのが、この多家良分団であります。
ああも広い一帯がそれも夜間にやられると、小隊ごとの連絡の確保が安全の面からも一番であります。

しかし、無線を使うとその交信は徳島市一帯に広まり、市波を占有してしまう。
署活系も保有していない徳島消防ですので、
個人の携帯電話間でやりとりを開始しましたが、通話料もかさむ上に充電も減る一方だった・・。

そこで、そのときのことを教訓に、
「局の許可を得て多家良分団独自で」品質もよいデジタルの無線機を配備したということでした。

折しも、徳島消防の無線もデジタルへ移行すべく予算が可決されたり、準備に向けての活動が始まったタイミングです。
「分団では既に署活系のような地域ごとの運用をデジタルで始めたのかーーー!!!!!!!!!!!!」と
焦りまっくたのですが、安心しました。
消防無線がデジタル化されたら生きる糧が減りますもんね。
東京消防庁みたいに指令だけアナログが残っても、やはり現場のあのやりとりがないと聴く価値ないよ。

_K200106_20130420015239.jpg
そんなことを思っていた間も、将来の消防士で大賑わい。

_K200141.jpg
もっともっといろいろ撮っていたかったのですが、1330で離脱。
次の消防のイベントは出初め式でしょうな。


関連記事
スポンサーサイト
徳島の乗り物 | 【2013-04-20(Sat) 02:27:06】 | Trackback(-) | Comments:(2)
コメント
そういやゴジカルに出るって地本公式のツイッターで言ってたような。

昨日12日、三野町で国交省の水防演習があってそこで徳島地本がブースを出していたので
沖洲の件も含めていろいろお話ししてきました。
2013-05-13 月 23:55:20 | URL | ひうち@管理人 #udXk0pIE [ 編集]

http://www.mod.go.jp/pco/tokushima/kantei2.html
今日のJRTゴジカルに自衛隊の人が来て、告知していました。
2013-05-10 金 22:51:27 | URL | 竹 #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

あと何日? 出動予定のイベント
派遣隊

写真中隊 ver2.02
報告自慢連絡情報交換、いろいろ楽しくいきましょう( ´∀`)/~~

通信指令室

(09/11/16開設)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

“徳島鉄道情報”配信フォーム
徳島の鉄道情報のメルマガです。
あんなおもしろ編成からあんなネタまで(!?)、興味深い情報が高頻度で配信されております。
パソコンでも携帯電話でもご利用できます。

配信手続きはこちらからどうぞ。

皆さま多数のご登録、お待ちしております。
(08/3/1配信開始)
リンク
ブロとも一覧
ブログ管理MENU(新)
Powered By FC2
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。