プロフィール

ひうち

↑2016/8/31撮影
徳島市交通局 東部循環(右回り)
徳島230あ・・67

Author:ひうち
FC2ブログへようこそ!

徳島の(乗り物の)ことを広く深く。
明るく・詳しく・読みやすく、を目標に
書き綴っていきます!
やっぱり徳島が好きだから―。

PENTAX K20D 本務機
PENTAX *ist-DL2 補機
SIGMA APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM
DA18-55mm F3.5-5.6AL
DA50-200mm F4-5.6ED
ICOM IC-R5/IC-R6
SUBARU LEGACY(BH5D)

since:2005/10/18

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
全記事数表示
全タイトルを表示
ブログ検索
RSSフィード




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
~海超えて、誉められに行け。 2012年5月、門司までキハ47追走の旅~
2012年5月、徳島運転所のキハ47形2両がJR九州に買い取られることになり
除籍後より留置されたままだった高松運転所から、なんと小倉総合車両センターへ甲種輸送されることになった。

これは、2012/5/7(月)から5/8(火)に掛けて
徳島のヨンナナの再出発を高松から門司まで追い掛けた、462.8のkm追走の記録である。

今回の甲種では春の山陽路を進む軽快な四国色の姿を一目見ようと
平日にも係わらず沿線には多くのレイルファンが集結。
かつてはブルートレインでその名を馳せたそれぞれの「名所」と呼ばれる撮影地では
通過後に大きな拍手と歓声に包まれ、かつて、四国の各線で通勤輸送に大きく寄与したキハ47形が、
今度は沿線に笑顔と話題を振りまいてくれた。

徳島県で活躍したキハ47-176とキハ47-1505の、次に用意された大きな舞台での
観光列車としての新たな活躍を期待して初出展の写真も多く交え、ここに甲種輸送を振り返る。

2012/5/7(月)、我々は高松駅へ前進。 出発点の、高松から始めることとした。
_K200008_1.jpg
1発目、高松。
新鶴のEF65に牽かれたヨンナナが静かに入線。

_K200012_1_201312052327581d7.jpg
EF65の機回しの前照灯に照らされる。
編成は ←東京 キハ47-1505+キハ47-176 博多→ 。


歴史はこれより刻まれる。

5/7
9860レ
高松2253
児島2346-54
岡山024

5/8
9863レ
岡山105
西岡山112

8863レ
西岡山423
倉敷430-540
糸崎700-25
広島(タ) 908-17
下松1100-57
新南陽1218

8463レ
新南陽1345
幡生1532-1543
北九州(タ) 1600

9563レ
北九州(タ) 1921
西小倉1934




_K200013_1_20131205231350c07.jpg
「多度津」幕のヨンナナと並ぶEF65もなかなか激しい。

_K200021_20131205231354b10.jpg
反射板に加えてブラインドが全て下げられているなど、非日常の様子を呈すヨンナナ。

_K200022_20131205231357c90.jpg
対岸より。
程なくして列車は動きだし、460km余の旅をスタートさせた―。

始まりの合図 鳴れば乗せて進む ベルの音は告げる 出発未来へ
過ぎ去る景色と 想いを抱えて
(supercell/時間旅行より)

_K200013_20131205235134019.jpg
2発目、岡山。
キハ47形本州上陸。
1505(手前)が本州を走るのは1985年に新潟を離れて以来、176にとっては初めての渡航か。

_K200035_2013120523514595b.jpg
3発目、西岡山。
時刻は0121。 不夜城のコンテナ貨物駅に佇むヨンナナ。 EF65-1061とはここでお別れ。

_K200043_1.jpg
しばし休息の後、ここから西小倉までひた走る。

_K200049_1.jpg
この後、レンタカーのフィットでマルヨ。 半袖は寒かった。

4発目は北長瀬。
まだまだ夜も明けきっていなかったためビデオで。

一行は夜明けと共に西へ。
_K200054_201312060007090cf.jpg
一気に尾道まで来ました。
近代建築フアン、映画フアンからも親しまれている光明寺下跨線橋から始めることにしました。

_K200057_1.jpg
5発目、松永→尾道。
岡山からの編成は ←西小倉 EF210-2[岡]+[キハ47-176+キハ47-1505 。

_K200061_1.jpg
振り返ると、いいタイミングで高速貨と離合。
「40高中」が残っていても不思議ではない雰囲気の街でした。 また来ます、尾道。

_K200073_2013120600071968a.jpg
続いてセノハチ。

_K200075_20131206001724f26.jpg
EF67のトップナンバー通過! 元は1964年製造のEF60-104。
しかもデッキのある1エンド。 EF67は1エンド側がより67っぽいでのですが、その次に現れた列車は・・

_K200079_20131206001727740.jpg
6発目、八本松→瀬野。
四国色のヨンナナでした。

_K200086_201312060017319ce.jpg
7発目、神代→大畠。
ヨンナナが小倉へ行く話を聞いたときに真っ先に浮かんだ撮影地が、ここと「交直転換」でした。

通過した時刻は1036。
近くに産直市があり、徳島のキチガイはそこのお弁当を通過3分前まで食べていたのですがまぁおいしかったこと。
ゆっくり食べて悠々自適にお立ち台に向かう。 これが正しいヨンナナの撮り方である。
ここが山口県であることも付け加えておこう。

_K200091_20131206001736da9.jpg
大畠。
上の瀬戸内海バックの写真は世に溢れていますが、後撃ちの構図もいい感じです。

_K200110_201312060048195ee.jpg
7発目、下松。
ちょっとでも古いトラック、古い消防車が好きな人ならば反応してしまう下松ですが、
まさにその下松市の下松駅です。
「くだまつ」と耳にするだけでもドキッとしていまいます。

_K200098_20131206001741cd7.jpg
早速、EF66の100番台と交換。
ここは山陽本線下松駅。

_K200108_20131206004814345.jpg

_K200109_2013120600481772e.jpg
115系とも顔を合わせました。

_K200124_20131206004822cca.jpg
四トクの車両が、桃太郎に繋がれています。

_K200105_2013120600481270c.jpg
特殊貨物検査票。
輸送番号 甲119。

まだ発車しませんが、先回りにため駅を離脱。
_K200132_2013121301182222f.jpg
さらに西へ向かうため駅を出ると、防長バスのエアロスターKが出迎えてくれました∑ヾ( ̄0 ̄;ノ オーット!
いきなり新呉羽のこのリヤーが目に入ったもんだから狂喜乱舞w

_K200135_20131213011233ee6.jpg
山口22う27-05、1990年式のU-MP618M。
塗装といいヤレ具合といい、なんとも我々好みのエアロスターKでした。

_K200148.jpg
そして8発目、新南陽。

_K200171.jpg
とてつもなく広いヤードが国鉄を感じさせます。

_K200168.jpg
新南陽にヨンナナ在り。

_K200194.jpg
この暗さと駅長事務室が渋い。

_K200209_20131213021241b8d.jpg
駅舎も激渋。 国鉄がいまに生きています。
しかしこの駅の改札を抜けた向こうに、四国色のヨンナナが存在しているとは、誰も思わなかったことでしょう。

_K200214_1.jpg
一行は国道2号関門国道トンネルをくぐって、ついに九州潜入。
中学2年の修学旅行で沖縄へ行って以来の九州。 沖縄以外の九州は初であります。
今回の潜入が芦屋の航空祭への足がかりになれば、と思います。

_K200226_20131213021246bbe.jpg
9発目、門司。

_K200235_1.jpg
EH500に牽かれる徳島のヨンナナが、「交直転換」の標識の脇を微速で過ぎました。

_K200244.jpg
我々はここで追っかけを終了。 都合9発、移ろう景色を進むヨンナナを記録することができました。
最後にたどり着いたのは福岡県。 感無量であります。

この後ヨンナナは、小倉の工場に引き込まれていくのでした。

時刻は1554。
追っかけも終わったし、ここはなんと言っても福岡県
せっかくのですし、ちゃんぽんでも食べてゆっくりしてから帰りたかったのですが
いつもの感じで長居する時間もありませんので、そそくさと門司から 徳島へRTBを始めました。

ひとまず国道2号を西へ戻りましたが、それは山陽小野田市のここへ立ち寄るため。
DSC_0145.jpg
ドライブインみしちお。 外観以上に、店内はまさにドライブインのそれでした。
ご飯大と鯨カツ、そしてなにより貝汁で元気を充填。

ちなみにここに着く直前、まさかと思い周防灘の方へ目をやると、小月航空基地がはっきりと見えました。
海自空自問わず最も行きたい航空祭は、小月のスウェルフェスタであります。

小月航空基地にほど近いドライブインみちしおから、徳島市までの距離はおよそ450km。
レンタカーを駆って残りの行程、山口、広島、岡山を経て、徳島への凱旋を果たしました。

ご同行くださった皆さま、ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト
鉄道写真~徳島の列車 | 【2013-12-28(Sat) 02:15:43】 | Trackback(-) | Comments:(2)
コメント
最高の場所をヨンナナが走ってくれましたね。

ハイフン無い方がスッキリするので、今後はここでもハイフンを廃します。
2014-01-11 土 01:04:22 | URL | ひうち@管理人 #udXk0pIE [ 編集]

こんにちは。
この日はたまたま休みだったので急遽行ってきましたが、面倒なので山口県内数ヶ所のみでした。
尾道激渋で最高ですね。良さそうだけど行かなかった場所のシーンを見れて嬉しいです。
ヨンナナのナンバーはハイフンいらないので、無い方がかっこいいと思います。
2014-01-08 水 16:07:12 | URL | もづ #.LktJGrg [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

あと何日? 出動予定のイベント
派遣隊

写真中隊 ver2.02
報告自慢連絡情報交換、いろいろ楽しくいきましょう( ´∀`)/~~

通信指令室

(09/11/16開設)
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

“徳島鉄道情報”配信フォーム
徳島の鉄道情報のメルマガです。
あんなおもしろ編成からあんなネタまで(!?)、興味深い情報が高頻度で配信されております。
パソコンでも携帯電話でもご利用できます。

配信手続きはこちらからどうぞ。

皆さま多数のご登録、お待ちしております。
(08/3/1配信開始)
リンク
ブロとも一覧
ブログ管理MENU(新)
Powered By FC2
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。