プロフィール

ひうち

↑2016/8/31撮影
徳島市交通局 東部循環(右回り)
徳島230あ・・67

Author:ひうち
FC2ブログへようこそ!

徳島の(乗り物の)ことを広く深く。
明るく・詳しく・読みやすく、を目標に
書き綴っていきます!
やっぱり徳島が好きだから―。

PENTAX K20D 本務機
PENTAX *ist-DL2 補機
SIGMA APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM
DA18-55mm F3.5-5.6AL
DA50-200mm F4-5.6ED
ICOM IC-R5/IC-R6
SUBARU LEGACY(BH5D)

since:2005/10/18

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
全記事数表示
全タイトルを表示
ブログ検索
RSSフィード




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
行ってきました!~大阪市音楽団徳島公演
昨日(23日)は予定通り、大阪市音楽団(市音)の徳島公演に行ってきました!
IMGP8002-1.jpg






会場となったのは徳島文理大学のむらさきホール。
無駄に音響がすばらしいホールですw 四国一の響き。本当に。
ホールのみではなく、周辺の環境や建物内も完璧な施設で、さすがは私立大学といったところ。

で、ホールに到着したのが1200頃。
予定では1230開場だったのですが、もう入場できました。
まだ人はまばらです。 2階席の中央に座りましたよ。

1300から、最近流行っている公開でのリハーサルが行われました。
軽く音あわせ程度です。 それぞれのプログラムを少しづつ演奏。
コンサートマスターがホール1階席の後ろで聴いて、いろいろとアドバイスしてます。
こういうのを見学できるのも公開リハならでは。
指揮者の指示とか、聞いているとこちらも勉強になります。
プログラムを演奏する訳なので思いっきりネタバレなんですけどねwww

予定より30分も早い1330にリハ終了。
コンサートは予定通り1500開始とのこと。 あと1時間半あります。
ヒマなので近くのコンビニでマンガや雑誌を読んだあと、糧食を調達。
ホール周辺にはすばらしい緑地が広がっているので、そこで遅い昼食。
隣の芝生で指揮者の吉田さんが昼寝しているのは一体・・(爆
すぐに中学生が駆け寄ってきて質問攻めしてましたがw

1420頃、ホールへと戻りました。
2階席の中央というものすごくいいポジションに座ることができました(^^
すぐに席は、8割が埋まってしまったので
ホールに戻るのが少し遅かったらこんなベストポジションには座れないでしょう。
1階席はちらほら空きがあったのですが、せっかくむらさきホールに来ているので
上から聴きたいですよね。
全体が見渡せますし、なにより指揮者がよく見えるんですよね。

開演10分前。 ホールは9割埋まっています。
そのうち8割が学生w この手のイベントは本当に中高生が集まりますね。課題曲を全て演奏してくれるので無理もないか。


そして開演。
袖から白いジャケットに蝶ネクタイといった市音おなじみのスタイルで登場。
女性はそれぞれ違いますが。

本日の指揮者は吉田行地さんです。
リハのとき初めてその指揮ぶりを見たのですが、自分が目指している指揮そのものですw

1曲目はB.モレンの「イントラーダ」で幕開け。
金管がすばらしくよく鳴っています。 冒頭の低音から始まるファンファーレが神。

2曲目はあのP.スパークが昨年書いた新作、「マドリガラム-Madrigalum」です。
まさかスパークの曲を聴けるとは・・!
それも市音の演奏ですよ!感激です。 吉田さんの指揮も最高。

1部最後の3曲目は高昌帥作曲の「“埴生の宿”変奏曲」です。
これは市音委嘱の作品で、あのニューウィンドレパートリー2006に収録されているそうです。
委嘱作品だけ会って、市音のもつ技術を最大限に生かしている作品のように思えますが、どうなんでしょう。
メリハリとか最高なのですがw

そして1部終了。10分の休憩を挟んだ後は2部です。
ここで思ったのですが、司会の女性がちょっと・・。
別にしゃべり方が変とか、そういうのじゃ無いです。
少ししゃべりすぎなような気がしますw
すごくネタバレで、曲を聴く楽しみが半減しました。
絶対に口数多すぎますから。 なんかくどいです。


そんなことはもとより、2部です。
2部は今年の吹奏楽コンクール課題曲の5曲とも披露してくれます。
今年の公式参考音源はなんと市音の演奏でした。
公式音源と同じ団体が課題曲を演奏してくれるんですよ
吹奏楽やってるかたなら、これがどれだけすごいかわかるはずです。
もっとも、自分が出場するのは課題曲を演奏しない高等学校部門ですがwwwwwwww

それぞれの曲紹介は面倒なので省きます(笑
全日本吹奏楽連盟のHPでも参考にしてください。

なお5曲とも、吉田さんの解説付きでした。これはすごい。
聴衆からの質問も受け付けており、何人もの学生が質問しておりました。


そして5曲を終えた後に10分の休憩を挟んで、第3部へと移行しました。
1曲目はG.ティンナーの「スタート・アップ・ザ・バンド」です。
司会が曲を頭から解説していたのでおもしろみ半減。

2曲目はあのイマジン。
あの星出尚志さんの編曲作品で、コンマスの長瀬敏和さんによるA.saxのソロでした。
やっぱりサックスソロは聴き入ってしまいますね。
でも自分は、トランペットを吹いている金管奏者(奏者って言うレベルじゃねーぞ!)なので
編曲されて、後半は金管がすごく鳴っているのが気に入りましたw

3曲目はウェーバー作曲の「“オペラ座の怪人”から~ハイライト~」でした。
これこそ金管がすごいですね。
CDとかでは伝わらないでしょう。

そしてとうとうプログラム最後の曲です。
S.ヴァンカルスター作曲の「ブレイク・アウト」です。
友人の、指揮者生活25周年を記念して作曲したそうですよ。
自然と聴衆から手拍子が起こる、そういった軽い曲です。

そしてコンサートは終了。

無論、アンコールがありますw
「ハッピーエンド」という曲が演奏されました。
でもとての軽い、最後には向いていない曲www

でも本当のラストに演奏した曲はなんと・・


ローストのアルセナールですよ!!!
アルセナールキタ━━━━ヽ§(´∀`∂)ノ━━━━!!!!

まさか市音演奏のアルセナールを、こんなところで聴くことができるとは!
いや、本当にこれは感激ですよ。
アルセナールが始まったときに階席中央で、前につんのめってこけそうになったのは自分ですw


しかし本当に充実した、市音徳島公演でありました。
また来年以降も開催されることを祈ってます。
来年は吹奏楽オリジナルメインでプログラム組んでくださいw

以上
関連記事
スポンサーサイト
吹奏楽の話題 | 【2007-06-24(Sun) 11:54:54】 | Trackback(-) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

あと何日? 出動予定のイベント
派遣隊

写真中隊 ver2.02
報告自慢連絡情報交換、いろいろ楽しくいきましょう( ´∀`)/~~

通信指令室

(09/11/16開設)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

“徳島鉄道情報”配信フォーム
徳島の鉄道情報のメルマガです。
あんなおもしろ編成からあんなネタまで(!?)、興味深い情報が高頻度で配信されております。
パソコンでも携帯電話でもご利用できます。

配信手続きはこちらからどうぞ。

皆さま多数のご登録、お待ちしております。
(08/3/1配信開始)
リンク
ブロとも一覧
ブログ管理MENU(新)
Powered By FC2
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。